FOMC:市場関係者のコメント-ペンシルベニア大のシーゲル教授

米連邦準備制度理事会(FRB) は16日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、政策金利 であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を「長期にわたり」 ゼロ近辺にとどめる方針をあらためて示した。総額1兆2500億ドル の住宅ローン担保証券(MBS)購入については予定通り3月末で完 了することを確認した。カンザスシティー連銀のホーニグ総裁は2カ 月連続で反対票を投じた。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎ペンシルベニア大学ウォートン校のジェレミー・シーゲル教授(金融 学):

「FRB自体は極めてデータに依存している」

「バーナンキFRB議長がデータは利上げの可能性を合図する水準 に近づいていると考えれば、議会証言や講演を通じて市場に備えさせる だろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE