FOMC:市場関係者のコメント-プール前セントルイス連銀総裁

米連邦準備制度理事会(FRB) は16日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、政策金利 であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を「長期にわたり」 ゼロ近辺にとどめる方針をあらためて示した。総額1兆2500億ドル の住宅ローン担保証券(MBS)購入については予定通り3月末で完 了することを確認した。カンザスシティー連銀のホーニグ総裁は2カ 月連続で反対票を投じた。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎ウィリアム・プール前セントルイス連銀総裁:

FOMCの声明について:「前回のFOMC以降、米経済は予想に 極めて合致した形で推移してきた」「計画を変更する理由はない」

ホーニグ総裁の反対票について:「ホーニグ総裁は一度反対票を投 じており、状況は基本的に同じであるため、長期にわたりという文言 が終わりに近づきつつあることを市場に明確に合図するべき時だと考 えているのだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE