FOMC:市場関係者のコメント-ブローダス前リッチモンド連銀総裁

米連邦準備制度理事会(FRB) は16日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、政策金利 であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を「長期にわたり」 ゼロ近辺にとどめる方針をあらためて示した。総額1兆2500億ドル の住宅ローン担保証券(MBS)購入については予定通り3月末で完 了することを確認した。カンザスシティー連銀のホーニグ総裁は2カ 月連続で反対票を投じた。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎ブローダス前リッチモンド連銀総裁:

「米経済に関する議論の中で、6週間前よりも少し強くなったこ とを示唆する極めてかすかなニュアンスが出てきたのかもしれない」

「しかし著しい変化ではない」

利上げに向けて見通しを「変更する方針は声明には見当たらな い」

「FOMCとバーナンキ議長は誰も驚かせたいとは思っていない ため、政策のいかなる変更であっても、その前にシグナルを送る強力 な努力がなされると思う」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE