ギリシャは「救済」ではなく「連帯」を望む-パパンドレウ首相

ギリシャのパパンドレウ首相は同 国が財政問題に対処するため、救済でなく連帯を期待していると述べ た。

パパンドレウ首相は訪問中のハンガリーで記者団に対し、ギリシ ャが経済を総点検するために「必要なあらゆる措置」を講じてきたが、 市場の投機を「断ち切る」ために欧州連合(EU)の助けが必要だと 指摘。その上で同首相は、ギリシャは「あまり高過ぎない」金利での 融資を望んでおり、借り入れコストを下げる手段を必要としていると 述べた。

同首相は、「われわれは救済や資金を求めていないと話してきた。 しかしわれわれは、必要なら市場に立ち入り、ユーロ圏の他の国と同 程度の金利で借り入れることを可能にする何らかの手段を必要として いる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE