チャイナルコ、英豪系リオとの投資機会を追求-共同出資の報道も

中国最大のアルミニウムメーカー、 チャイナルコは、英・オーストラリア系鉱山会社リオ・ティントとの 投資機会を追求している。両社は総額120億ドル(約1兆800億円) の共同出資による鉄鉱石プロジェクトの開発について協議している と報じられている。

チャイナルコの呂友清副社長は16日、「提携企業とのあらゆる投 資機会を追求している」と述べたものの、特定のプロジェクトに言及 することは避けた。豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド(オンライ ン版)は先に、チャイナルコとリオがギニアのシマンドゥ鉄鉱石プロ ジェクトの開発で交渉していると伝えた。

リオのジャン・デュプレシス会長は同社ウェブサイトに同日掲載 された年次報告で、「チャイナルコとの関係拡大と相互利益につなが る可能性のある事業機会の追求に引き続き努める」と述べた。リオの 広報担当、デービッド・ラフ氏(メルボルン在勤)からのコメントは 得られていない。

-- Xiao Yu, Jesse Riseborough. With assistance from Rebecca Keenan in Melbourne. Editors: Andrew Hobbs, Indranil Ghosh

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Xiao Yu in Beijing at +86-10-6649-7564 yxiao@bloomberg.net; Jesse Riseborough in London at +44-20-3216-4198 or jriseborough@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Hobbs at +61-2-9777-8642 or ahobbs4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE