今日の国内市況:株は小反落・債券堅調、円全面高-日米金融政策控え

日本株相場は4営業日ぶりに小幅 反落。海外原油相場の下落を受け国際石油開発帝石、三井物産など鉱 業、商社を中心とした資源関連株の一角が下げた。午後に入って円高 が進んだ影響で、キヤノンやソニーなど電機株も弱含んだ。

日経平均株価の終値は前日比30円27銭(0.3%)安の1万721 円71銭、TOPIXは同0.81ポイント(0.1%)安の938.10。東証 1部33業種は22業種が安く、上昇は11。売買代金は1兆452億円と 2週間ぶりの低水準、過去1年間の平均1兆4242億円も下回った。騰 落銘柄数は値上がり銘柄数(747)と、値下がり(738)がきっ抗。

きょう、あすに米国の連邦公開市場委員会(FOMC)会合、日 本銀行の政策決定会合といった当面の金融政策を決める重要日程を控 え、投資家の様子見姿勢は強く、1日を通じて相場の明確な方向性は 見えにくかった。

投資家の神経質な動きは、午後の為替相場に表れた。日銀の追加 金融緩和策への期待感から直近は円安基調で推移していたが、この日 午後は4営業日ぶりに1ドル=90円台を割り込む場面があった。午前 はプラスで終えた東証電機株指数は下落に転じ、結局はTOPIXの 下落寄与度1位になった。前日大幅に上昇した海運株は反落した。

債券は小幅高-入札通過・株安

債券相場は小幅高(利回りは低下)。20年利付国債の入札が無難 な結果となったほか、午後には株価が再び下げに転じたため、債券先 物買いが優勢になった。現物市場では5年債利回りが0.5%割れとな るなど中期ゾーンが買われた。

東京先物市場の中心限月6月物は前日終値と同じ138円92銭で開 始。午前の取引終盤には138円85銭まで下げた。しかし、株価が下げ に転じると午後には一時139円ちょうどをつけ、4銭高の138円96 銭で終了した。日銀の金融政策決定会合とFOMCを控え、先物相場 は前日と同様に狭い値幅での取引に終始した。

20年物の116回債の入札結果は、最低落札価格が100円50銭、 平均落札価格は100円57銭。最低価格は市場予想と一致し、最低と平 均価格の差であるテールは前回債の5銭から7銭に拡大。応札倍率は

2.90倍から3.49倍に上昇し、2009年6月の入札以来9カ月ぶりの高 水準を記録した。市場ではおおむね無難な内容と評価された。

現物市場で新発10年物の306回債利回りは、前日比0.5ベーシス ポイント(bp)高い1.345%で始まった。いったんは0.5bp低下し

1.335%をつけたが、その後は1.34-1.345%で推移した。

この日は中期債相場が堅調。5年物の88回債利回りは前日比変わ らずの0.51%で始まり、午後には一時1.5bp低下の0.495%で取引さ れた。新発5年債利回りとしては3営業日ぶりの0.5%割れ。

円ほぼ全面高-輸出企業の円買い観測

東京外国為替市場では、円が主要16通貨に対してほぼ全面高。ギ リシャ財政問題の不透明感を背景にリスク許容度の低下が懸念される 中、国内輸出企業を中心とした円買い需要が観測された。

ドル・円相場は午後に一時1ドル=89円99銭と、4営業日ぶり の水準まで円高が進行。ユーロ・円相場は午前に一時1ユーロ=123 円24銭と3営業日ぶりの円高値を付け、午後も123円台前半で円が強 含みに推移した。

オーストラリア準備銀行(RBA)が発表した今月2日の金融政 策決定会合の議事録を受け、利上げペースが緩やかになる可能性があ るとの見方を背景に豪ドル売りが進行。クロス・円全般の円買い戻し を後押しした面もあった。

ユーロ圏では15、16日の日程で財務相会合(ユーログループ)が 開かれている。議長のユンケルルクセンブルク首相兼国庫相は15日、 ユーロ圏16カ国の財務相がギリシャ支援の手段として融資保証を除 外したと述べた。ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.36ドル台後半を中 心に推移。前日の海外市場では一時1.3640ドルと、2営業日ぶりのユ ーロ安値を付けた。

FOMCが日本時間17日未明に出す声明について、市場関係者は、 低金利を「長期間」維持するという文言が継続されるか否かに注目し ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE