ECBビニ・スマギ理事:ギリシャ問題、対応の時間「たっぷり」はない

欧州中央銀行(ECB)のビ ニ・スマギ理事は、ギリシャ危機に早期の対応が必要であるとの考 えを示した。迅速に対応するシステムの整備を呼び掛けた。英紙フ ィナンシャル・タイムズ(FT)に寄稿した。

スマギ理事は同紙で、「最近の展開に照らし、政策担当者はこ れらの問題に対処する時間がたっぷりあると考えるべきではない」 とした上で、「従って、危機解決の明確な使命を持つシステムと機 関を整備する必要がある。同時に、民主的な合法性を維持しなけれ ばならない」と論じた。

機関や国の破たんを防ぐための金融支援は「厳しい条件の下で 提供することができる」とし、「公的部門と民間部門、双方の意思 決定者は最悪のシナリオに対処できるように備え、適切な決定を下 すことが妨げられないようにする必要がある」と説いた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544

akinoshita2@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jana Randow at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE