アジア株:上昇、金融と消費関連株高い-日銀の追加金融緩和観測で

16日のアジア株式相場は上昇。 過去4営業日で3回目の値上がりとなっている。日本銀行がデフレ対 策として追加金融緩和を実施するとの観測から、金融と消費関連株が 上げを主導した。

ソニーフィナンシャルホールディングスは大幅高。リスク軽減の ために債券の保有高を引き上げる方針を明らかにし、手掛かりとなっ た。トヨタ自動車も値上がり。韓国2位の自動車メーカー、起亜自動 車は4.4%上昇。2010年1-3月(第1四半期)決算はアナリスト 予想を上回ると観測が好感された。オーストラリア最大の通信会社テ ルストラは2.3%高。オーストラリア上院は、元国営の同社の事業分 割につながり得る法案の採決を延期した。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後4時3分現在、前日 比0.3%高の123.06。上昇銘柄と下落銘柄の割合は5対4。日経平 均株価は前日比30円27銭(0.3%)安の1万721円71銭で取引を 終えた。

中央三井アセットマネジメントの寺岡直輝運用部長は「日銀の追 加金融緩和策への期待感はすでに株価に織り込まれている」との認識 を示した。

-- With assistance from Akiko Ikeda in Tokyo, Shani Raja in Sydney and Van Nguyen in Ho Chi Minh City. Editors: Darren Boey, Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Masaki Kondo in Tokyo at +81-3-3201-8868 or mkondo3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE