台湾証取の薛会長:値幅制限緩和の実施、「いつでも」あり得る

台湾証券取引所は1日当たりの値 幅制限を緩和する提案を立法院(国会)に15日提出しており、実施は 「いつでも」あり得ると予想している。台湾証取の薛琦会長が明らか にした。

薛会長はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、値幅 制限を従来の7%から10%に拡大する提案について台湾証取は政府 の承認待ちだとし、年内に承認が得られるもようだと説明した。

同会長は「いつでも実施される可能性がある」とした上で、「台湾 証取の方では、準備ができている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE