米リーマン:6万5000件の返済請求で経過報告-総額約75兆円超

更新日時

破たんで清算途上の米証券リーマ ン・ブラザーズ・ホールディングスは、6万5000件、計8190億ドル (約75兆7000億円)余りの返済請求について分析した経過報告を提 出したことが、監督当局に29日提出された届出書で明らかになった。

返済請求額には債券保有者からの990億ドルの請求とリーマン関 連会社の負債への債務保証210億ドル相当が含まれる。

リーマンは報告書提出の理由として、同社が15日に再編計画の概 要を示して以来、同社向け債権の「大規模な」取引が行われており、 債権者らが個別の会合を要請するなど、計画の詳細を求める動きが出 始めたことを挙げている。同社は報告書の提出により、すべての利害 関係者に対し平等のアクセスを提供するのが目的だとしている。

届出書によると、正式登録簿上の無担保債権者の返済請求額は計 6960億ドル。同社は「初期」の分析を基にそれを6050億ドルに減額 し、再編計画で認められるのは2600億ドル相当のみになる可能性があ るとの見通しを示した。

リーマンは再編計画に関する情報開示を4月14日に提出する予 定に変更はないとしている。同社は提案に債権者が合意しなければ、 すべての債権者を一律に扱い、一部債権者への返済分が減額になる手 段を用いる可能性を指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE