ACCES株が急落、今期営業利益計画は事前の期待値に届かず

携帯電話用閲覧ソフトを手掛ける ACCESS株が一時、前日比5.2%安の13万300円と急落。会社側 が15日に発表した今期(2011年1月期)の連結営業利益計画が事前 の期待ほど改善しない見通しとなり、失望売りが増えた。

受託開発案件の粗利率悪化などが響き、前期の連結営業利益は前 の期に比べ20%減の26億200万円に落ち込んだ。同時に発表された 今期の営業利益計画は前期比8.9%増の28億3300万円で、2月に下 方修正する前の前期計画(32億5600万円)にも届かなかった。

大和証券キャピタル・マーケッツの中村哲也アナリストは投資家 向けメモで、今期会社計画は「営業利益ベースでは市場コンセンサス 予想48億円と比べてややかい離が大きいため、ガイダンスは相当にネ ガティブ」と分析。決算説明会の印象もニュートラルで、「説明会の内 容だけではALPビジネスの成長性を再評価し、プロジェクト管理ス キルの向上を確信するには至らなかった」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE