米マイクロソフト、グーグル中国撤退ならシェア拡大期待も-WSJ紙

インターネット検索最大手、米グ ーグルが検閲の問題をめぐって中国国内での検索エンジンを閉鎖し た場合、米マイクロソフトにチャンスが回ってくるかもしれない。米 紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が15 日報じた。

事情に詳しい関係者1人の話として伝えた同紙によると、マイク ロソフトの検索エンジン「ビング」は中国でのユーザー獲得に苦戦し ているが、同社はすでにグーグルの中国事業から3人を採用している。

同紙は、マイクロソフトのスティーブ・バルマー最高経営責任者 (CEO)やビル・ゲイツ会長ら幹部が中国での事業継続方針を表明 しているとし、同社の広報担当者は中国を含めたいかなる市場でも 「優れた製品を提供すれば、市場シェアの拡大につながる」と述べた と伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE