サウジ石油相:OPECの生産枠変更は不要-相場は適切

石油輸出国機構(OPEC)最 大の産油国で影響力が最も大きいサウジアラビアは、現在の原油価 格は適切なレンジに収まっており、生産方針を変更する必要はない との見解を示した。

サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は15日遅く、今週 OPEC総会が開かれるウィーンで「現在の市場状況にとても満足 している。景気は回復しつつあり、今後さらに上向くだろう。今の 満足すべき状況を乱す理由はない」と指摘。「原油相場は70-80ド ルのレンジで安定しており、大変満足している」と語った。

OPEC加盟国の石油相やアナリストによれば、供給削減は原 油相場の上昇を招き、世界的な景気回復を危険にさらすことになり かねないため、加盟国は同機構の分析に基づけば既に需要を上回る 量を供給しているものの、今後も生産枠を上回る生産を続ける見込 みだ。

ヌアイミ石油相は記者団に対し、「供給不足や投機は見られず、 需要は引き続き増加する見通しだ。従って、誰にとっても喜ばしい 状況だ」と説明。生産枠の順守について現状に満足しており、生産 枠を変更する必要はないとの認識も示した。

-- With assistance from Mahmoud Kassem in Vienna. Editors: Stephen Voss, Clyde Russell

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Akiko Kobari 東京 麗 英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Ayesha Daya in Vienna at +971-4-364-1023 or adaya1@bloomberg.net Grant Smith in Vienna at +44-20-7330-7353 or gsmith52@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stephen Voss at +44-20-7073-3520 or sev@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE