中国証監会:指数先物、株式ファンドがヘッジ目的で利用を-指針案

中国証券監督管理委員会(証監会) は、指数先物の取引を望む株式ファンド向けのガイドライン(指針)案 を公表した。意見公募のためにウェブサイトに掲載された指針案は、株 式ファンドがリスクヘッジ目的で指数先物を利用すべきだとする一方、 債券ファンドと通貨ファンドに取引を認めない方針が盛り込まれてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE