アルジェリア鉱業相:石油相場は上昇へ-OPEC生産枠引き上げ不要

アルジェリアのヘリル・エネルギ ー鉱業相は、景気回復やドル下落などを背景に石油価格は今年上昇 するとの見解を述べた。

ヘリル鉱業相は、「景気は回復しつつあり、ドルは下落、地政学 的な緊張も残っていると考えられる。供給には余剰があるが、年末 まで石油相場は堅調を維持するとみている」と述べた。

同鉱業相は17日にウィーンで開かれるOPEC(石油輸出国機構) 総会では生産枠の調整は必要ないとし、現行生産枠のさらなる順守 が望ましいとの見解を示した。

ヘリル鉱業相は「コンプライアンス(順守)の強化は常に要請し ていることだ」と述べ、「生産枠の引き上げは誤ったシグナルを送 ることになるだろう。市場はコンプライアンスについて懸念しては いない」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE