NY銅先物:反落、中国の需要鈍化懸念で売り-終値3.315ドル

ニューヨーク銅先物相場は反落。ほ ぼ2週間ぶりの安値を付けた。世界最大の銅消費国である中国からの需 要が景気抑制策の影響で鈍るとの懸念が売りを誘った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物5月限は前営業日比6.5セント(1.9%)安の1ポンド=3.315ドルで 終えた。一時は3.29ドルと、中心限月としては2日以来の安値を付け た。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE