NY金:上昇、通貨に代わる投資需要が高まる-終値1105.40ドル

ニューヨーク金先物相場は上昇。 ソブリン債をめぐる懸念が、通貨保有に代わる投資先としての金の 需要が高まるとの見方につながった。先週は週間ベースで約1カ月 ぶり大幅安となっていた。

ユーロの対ドル相場は一時0.9%安。ショイブレ独財務相とラガ ルド仏財務相は、ブリュッセルで15、16両日に開かれる会合でギリ シャ支援策が決定する可能性を排除した。米格付け会社ムーディー ズ・インベスターズ・サービスは、米国とイギリスは最上級の「A aa」格付けを失う可能性が高まったと指摘した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・ レシュ氏は、「金は当面の間、投資資金を置いておくのに良い場所 だ」と指摘。「金には安全への逃避という側面がある。金は価値を 維持する」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物4月限は前日比3.70ドル(0.3%)高の1オンス=1105.40ドルで 取引を終了。前週は週間ベースで3%安と、1月22日以来の大幅安 となっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE