ルノーとダイムラーが株式交換で交渉も、株価評価でつまづく-関係者

仏自動車メーカー、ルノーとドイ ツの同業ダイムラーは、株式交換の可能性を検討しているが、これ までのところバリュエーション(株価評価)で折り合いがついてい ない。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。株式交換が実現し た場合、ダイムラーが日産・ルノー連合に加わることになる。

交渉が非公開だとして匿名を条件に話に応じた関係者によると、 両社は小型車技術共有での協力について話し合いを進めており、株 式交換協議はその一環。

ダイムラーの広報担当フロリアン・マルテンス氏は、小型車での パートナーシップの可能性について、「当社はルノー含め複数の企 業と交渉している」と述べたが、株式交換についてはコメントを避 けた。交渉結果は上半期末までに明らかにされる見通しという。

日産・ルノーのサイモン・スプロウル氏は、今月初めのカルロ ス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の発言に「付け加えることは 何もない」とコメントした。

ゴーンCEOは今月3日、ジュネーブ国際自動車ショーで記者団 に対し、ルノーと日産は必要であれば第3のパートナー企業に出資 できる状況にあると述べた上で、「今、具体的な見通しがあるわけ ではない」と続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Jacqueline Simmons in at +33-1-5365-5055 or jackiem@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE