欧州債:独10年債、ほぼ変わらず-市場はギリシャ支援の正式発表待ち

欧州債市場ではドイツ10年債 がほぼ変わらず。同利回りは先週付けたほぼ3週間ぶりの最高まで 約6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の水準にとどまっ た。欧州の財務相らはギリシャの財政赤字削減への取り組みを支援 する案を協議している。

ギリシャ救済策の合意が近いとの観測を背景に、ギリシャ10年 債の独10年債に対するプレミアム(上乗せ利回り)は縮小した。シ ョイブレ独財務相とラガルド仏財務相はただ、ブリュッセルで15、 16両日に開かれる会合でギリシャ支援策が決定する可能性を排除し た。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、ピーター・シャフリク氏 (ロンドン在勤)は、「市場はギリシャに関する公式発表を待って いる。何か発表されるとすれば、ドイツ国債にとって恐らくマイナ ス要因となるだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時25分現在、独10年債利回りは3.16%と、 前週末からほぼ変わらず。12日には3.22%まで上げ、先月23日以 来の最高を付けた。同国債(表面利率3.25%、2020年1月償還)価 格は0.03ポイント上げ100.78。独2年債利回りは前週末比1bp低 下の1.04%となった。

ギリシャの2年債相場は上昇。同利回りは6bp低下し4.84% となった。ギリシャ10年債利回りは前週末からほぼ変わらずの

6.25%となり、独10年債に対するプレミアムは1bp縮小の305b pとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE