インド株(終了):小安い、インフレ加速を警戒-ステイト銀に売り

インド株式相場は小幅安。インド のインフレがエコノミスト予想を上回る加速となったことを背景に、 インド・ステイト銀行など銀行株が売られた。

インド最大の銀行、ステイト銀は1.6%下落。2月のインドのイ ンフレ率が1年4カ月ぶりの高水準となったことが売り材料となった。 一方、タタ・コンサルタンシー・サービシズは2.6%上げた。マレー シア航空に情報技術(IT)サービスを提供する契約を結んだことが 買いにつながった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は17164.99 で終了。前週末を1.63ポイント下回った。この日は方向感のない展 開に終始した。ステイト銀(SBIN IN)の終値は2015.10ルピー。 タタ・コンサルタンシー(TCS IN)は818.00ルピーで引けた

インド商工省が15日発表した2月の同国の卸売物価指数(WP I)は前年同月比9.89%上昇と、1月の8.56%上昇から加速した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト20人の予想中央 値は9.69%上昇だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE