中国人民元先物:5週ぶり大幅安-温首相が「過小評価」でないと発言

中国人民元先物は15日、この5 週間で最大の値下がりとなった。中国の温家宝首相が人民元は「過小 評価されていない」との認識を示した上で、世界各国からの元高容認 要求を批判したことに反応した。

中国銀行の金融市場アナリスト、シ・レイ氏(北京在勤)は「温 首相の発言が人民元の現物レートが今年動く公算が小さいことを示唆 したことから、多くの外国人トレーダーが元先物を売ったと聞いてい る」と述べた上で、「温首相の発言のトーンは、国際的な圧力や市場の 観測をはねつける非常に直接的で強いものだった」と指摘した。

ブルームバーグのデータによれば、1年物の元先物(ノンデリバ ラブル・フォワード、NDF)は、香港時間午後6時4分(日本時間 同7時4分)現在、前週末比0.4%安の1ドル=6.6541元と、先月 5日以来の大幅な下落。現物相場は6.8260元で、先物は現物が今後 1年で2.6%上昇するとの予想を示唆している。

--Belinda Cao, Judy Chen. Editors: Ven Ram, James Regan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Belinda Cao in Beijing at +86-10-6649-7570 or lcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net.

%CNY %USD %HKD

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE