米加州のプリウス加速報告-NHTSA、調査で現象再現できずと発表

米道路交通安全局(NHTSA) は、先週カリフォルニア州の高速道路で急加速したと運転者が主張し ているトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」について、実際に 起きた事象を確認するのは不可能かもしれないと発表した。

NHTSAは電子メールで15日配布した声明で、調査担当者がプ リウスを運転していたジョン・サイクス氏が体験したとしている現象 を再現できなかったことを明らかにした。同氏はプリウスが8日に時 速90マイル(約140キロ)まで加速し、ブレーキが利かなかったと述 べていた。

NHTSAによると、調査ではアクセルとブレーキが同時に踏ま れた場合にブレーキの方が作用し減速する仕組みは機能した。NHT SAは声明で「これまでのところ、サイクス氏が報告した現象を説明 する要素は見つかっていない」とし、「作業を続けるが、この車につい て起こったことを正確に解明するのは不可能かもしれない」と指摘し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE