ルービニ教授:欧州通貨基金では破たん不可避-ハンデルスブラット

米ニューヨーク大学のヌリエル・ ルービニ教授は、欧州通貨基金(EMF)を設立しても国のデフォル ト(債務不履行)や通貨統合からの離脱を防ぐことはできないとみて いる。ドイツ紙ハンデルスブラット(オンライン版)への寄稿で見解 を示した。

同寄稿でルービニ教授はEMFについて、「流動性の問題が支払い 不能につながるのを未然に防ぐことは可能」としながらも、「当該国に 本当に支払い能力がなく、単純な流動性不足の状況でないのならば、 救済措置は破たんや通貨急落ないし通貨統合からの離脱を阻止できな い。最後の貸し手も過剰債務を賄うことはできないからだ」と説明し た。

教授はさらに、ギリシャの問題は「多くの先進国が公的債務で抱 えている課題の氷山の一角にすぎない」と指摘。スペインやポルトガ ルなど他の欧州諸国に投資家は注目しているが、「やがては財政政策が 持続不可能な日本や米国といった他国にも着目するようになる可能性 がある」と警告した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE