日立プラT、三菱重:バラスト水の浄化システムを本格販売

環境プラントなどを手掛ける日 立プラントテクノロジーは15日、船舶のバランスを保つバラスト水 を浄化するシステムを三菱重工業と共同開発し、3月から本格販売 を始めたと発表した。1台3000万-4000万円の装置を2012年度に 年間100台受注することを目指す。

バラスト水は積荷を降ろした船舶が船体のバランスを保つため に積載する海水。注入した国と別の国で排出するため、バラスト水 とともに排出された生物の卵やプランクトンが生態系を乱すとして 国際問題になっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE