UBS:リ・シャン氏をアジア投資銀行部門アドバイザーに起用

スイスの銀行UBSは中国事業拡 大計画の一環として、アジアの投資銀行業務のアドバイザーにリ・シ ャン氏(46)を起用した。

広報担当者のマーク・パンデー氏が15日、電話取材で明らかに したところでは、リ氏はUBSのアジア投資銀行部門の副会長に就任 し、同部門のヘンリー・カイ会長の直属になるという。リ氏は、コメ ントを求める電話には返答していない。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、UBSは中国勢が海 外で実施した株式発行の引き受けで2006年から昨年まで首位だった。

リ氏は01年に時価総額で中国3位の銀行、中国銀行の投資銀行 部門であるBOCインターナショナル・ホールディングスの最高経営 責任者(CEO)に就任。05年に自身のプライベートエクイティ(P E、未公開株)投資会社サン・シャン・キャピタル・パートナーズ設 立のため、同社を退職した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE