中国海洋石油の楊社長:ブリダス出資で海外事業拡大ペース加速へ

沖合石油探査で中国最大手、中国 海洋石油(Cnooc)の楊華社長は15日、アルゼンチンの石油会社 ブリダスへの出資について、Cnoocの海外事業拡大ペースを加速 させるとの認識を示した。同社はブリダスの株式の50%を31億ドル (約2800億円)で取得することで合意した。

楊社長は電話会見で記者団に対し、「ブリダスとの提携は、国際事 業を推進する当社の計画にとって重要な一歩となるだろう。Cnoo cの中南米市場進出の最初の一歩だ」と説明した。

Cnoocは2005年8月、米石油・天然ガス生産のユノカルに示 した185億ドルの買収案を撤回した。中国企業が計画する海外企業の 買収案件として当時最大だったが、安全保障上の脅威を主張する米議 会の抵抗に遭い、頓挫した。

招商証券のアナリスト裘孝鋒氏は「Cnoocは、国内に持つ油・ ガス田だけでは今年の生産目標を達成できそうにないので、買収を通 じて海外生産を拡大する必要に迫られよう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE