キヤノン株が約1年半ぶり高値を回復、1-3月期の好業績期待

デジタルカメラ最大手のキヤノンの 株価が4営業日続伸。2010年第1四半期(1-3月期)の好業績を期待 した買いが入ったようだ。

午前の取引で一時155円(3.8%)高の4200円と、08年9月29日 (4210円)以来の高値水準を回復。午前終値は前営業日比135円 (3.3%)高の4180円。午前の売買代金は東証1部2位の271億円。

JPモルガン証券の森山久史アナリストによると、一部の投資家が 企業の10年1-3月期の業績を見極め始めており、キヤノンについても 好業績が期待されている。同証券のキヤノンに対する投資判断は「オー バーウェイト」、目標株価は4500円。

ブルームバーグ・データが算出したアナリスト2人の1-3月期純 利益予想の中央値は294億円と、前年同期の177億円を上回っている。

10年12月期は3期ぶりの増収増益に転じる見通しで、純利益は前 期比52%増の2000億円を予想。プリンターや複写機などの事務機、コ ンパクトカメラの需要回復に加え、一眼レフカメラの好調も持続する見 込み。

-- Editor: Chiaki Mochizuki,

参考画面: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

Mariko Yasu

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE