チェコのユーロ導入、2015年にも実現の可能性-ヤノタ財務相

チェコ共和国のヤノタ財務相は15 日、同国が欧州連合(EU)の財政安定成長協定に基づく財政赤字の 基準を達成した場合、2015年にユーロに加盟できる可能性があると指 摘した。

チェコは10年、対国内総生産(GDP)比でみた財政赤字の水準 が5.3%と見込まれるが、政府はこの比率を13年までに3%以下に抑 える必要がある。20年前に共産政権が崩壊して以来最悪のリセッショ ン(景気後退)に陥った昨年、同比率は推定6.6%に拡大した。政府 はユーロ導入の目標時期を設定していない。

ヤノタ財務相は公営チェコ・テレビの討論番組で、政府は13年に ユーロ加盟を模索する可能性があると説明した。ユーロの加盟候補は 通貨の安定を少なくとも2年間示さなければならないとした上で、「ユ ーロ加盟は最も早くて15年になろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE