LPG輸送で世界最大手BWガス:タンカー4隻が遊休状態-需要減で

世界最大の液化石油ガス(LPG) 輸送会社、ノルウェーのBWガスが保有するタンカー4隻が遊休状態 になっている。運搬レートの下落により1隻1日当たり約2万5000 ドル(約227万円)の赤字が発生したためだ。

BWガスの親会社BWグループのアンドリアス・ゾーメンパオ最 高経営責任者(CEO)は12日の電話インタビューで、タンカー1隻 が、新たな用船企業に引き渡される年末まで遊休状態にあることを明 らかにし、顧客向け文書の内容を確認した。他の3隻についても海運 レートが改善するまで取引を停止する予定。

ゾーメンパオCEO(シンガポール在勤)は「状況は非常に悪く、 これまでも長期間にわたってこのような状態だった。つらいが必要な 決断と考えている。運休状態がどの程度の期間に及ぶか予想するのは 不可能だ」と述べた。

LPGを専門とするノルウェーの船舶ブローカー、インゲ・ステ ィーンズランドのチーフアナリスト、ゲール・オラフセン氏によると、 天然ガス開発プロジェクトの遅れや産油国の原油生産の落ち込みによ り過去1年間、LPGの輸送は減少している。LPGは原油や天然ガ ス生産の副産物。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE