米大統領上級顧問:下院は医療法案を可決へ-共和党院内総務は疑問視

アクセルロッド米大統領上級顧問 は医療保険制度改革について、下院(定数435)が今週末までに関連 法案を可決するとの見通しを示した。一方、共和党のベイナー下院院 内総務(オハイオ州)は、可決に必要な十分な票をペロシ下院議長(民 主、カリフォルニア州)がまだ集めていないと指摘した。

ベイナー院内総務はCNNの番組「ステート・オブ・ザ・ユニオ ン」で、「ペロシ議長が集めた票が216票なら、この法案は廃案になる だろう」と指摘。「昨年9月以降ずっと可決を目指しているのは、十分 な票が集まっていないからだ」と述べた。

アクセルロッド上級顧問は、NBCの番組「ミート・ザ・プレス」 で、「われわれの成功を完全に確信している」と言明。ABCの「ジス・ ウィーク」にも出演し、「医療改革法案には採決がふさわしい。採決が 行われることになろう」との見通しを示した。

民主党のジェームズ・クライバーン下院副院内総務(サウスカロ ライナ州)はNBCの番組で、法案可決に自信を示しながらも、法案 支持派は「14日午前の時点」でまだ十分な票を集めていないと指摘し た。

ペロシ議長は下院採決の来週実施を目指す考えを示している。オ バマ大統領は上下両院に対し、議会が2週間の休会入りとなる26日ま でに採決手続きを完了するよう求めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE