露経済発展省次官:介入拡大なければルーブル20%上昇へ-ロシア通信

ロシアの通貨ルーブルは、同国 中央銀行が為替介入を拡大しなければ、今後2、3年間に実質ベー スで約20%上昇する見込みだ。国営ロシア通信(RIA)が、ロ シア経済発展省のクレパッチ次官の話を引用して伝えた。

RIAによると、同次官はチューリヒで14日、物価要因を加 味した実質ベースでは、ルーブルはすでに今回の危機以前の水準を 上回っており、ほぼすべての経済分野に打撃を与えつつあるとし、 ロシア中銀は介入を縮小するという政策を見直すべきだと述べた。

さらにRIAは同次官の発言として、予想を上回る石油価格の 上昇により、今年の財政赤字は対国内総生産(GDP)比6.8%と のロシア政府の見通しに対し、6.2-6.4%に収まる可能性があると 伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE