クリーン豪貿易相、中国側の報告を歓迎-リオへの出資破談めぐり

【記者:Gemma Daley】

3月15日(ブルームバーグ):オーストラリアのクリーン貿易 相は15日、中国アルミ(チャルコ)が英・オーストラリア系鉱山 会社リオ・ティントに195億ドル(約1兆7700億円)出資する計 画が失敗に終わったのは豪州政府やリオ・ティントの責任ではない との中国側の報告を歓迎した。

中国国務院向けにまとめられた報告は、世界金融市場の予想外 の回復が昨年の出資計画失敗の原因だと結論付けた。オーストラリ ア紙エイジが15日伝えた。

出資計画は2009年6月に破談となり、豪中関係の悪化につな がっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE