【主要朝刊】温首相が元相場言及、ゆうちょ銀米国債、邦夫氏離党覚悟

朝刊各紙の主なニュースは以下の 通り。

【各紙】 ▽温首相:元相場の安定維持を強調-切り上げに反論 ▽伊勢丹:吉祥寺店が閉店-38年余りの歴史に幕 ▽鳩山邦夫氏:「新党覚悟できた」-与謝野、舛添氏と連携も ▽石川県知事選:谷本氏5選確実に―多選批判かわす ▽タイ:タクシン派10万人が首都で気勢-議会解散求め集会

【朝日】 ▽平野官房長官:普天間移設、勝連沖も選択肢-民主県連に伝達 ▽岡田外相:非核三原則の法制化「考えていない」

【読売】 ▽法務省:外国人の看護師・歯科医の在留期限撤廃へ

【毎日】 ▽鳩山内閣:支持率続落43%、不支持が逆転-世論調査 ▽東大:寄付集めに本気、財源確保に基金増強-法人化の功罪

【日経】 ▽ゆうちょ銀:米国債3000億円購入-民営化後で初 ▽ウィルコム:人員最大3割減、10年度末まで-希望退職・転籍で ▽ルネサス:中国で設計、生産400人増員-現地ニーズに対応

【産経】 ▽鳩山政権半年:官邸内に軋み、首相と平野氏「消えた意思疎通」 ▽北朝鮮:中距離弾道ミサイル師団新設-米軍、脅威拡大を警戒

【東京】 ▽日本医師会:献金凍結、自民への要請断る-昨秋の政権交代後 ▽子ども手当:あす衆議院通過-年度内成立を確実にする方針

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE