温首相:元切り上げ要求に反論、米中関係悪化も-全人代閉幕

中国の全国人民代表大会(全人 代、国会に相当)が14日閉幕し、温家宝首相は人民元の切り上げ圧 力に対して反論した。米国では温首相のスタンスが世界経済の回復を 阻害していると議員やエコノミストが批判しており、米中関係は一段 と悪化する恐れがある。

温首相は全人代閉幕後の記者会見で、「人民元は過小評価されて いない」とした上で、「各国がお互いに批判し合い、通貨切り上げの 強制にまで踏み込むことにわれわれは反対する」と言明した。

チャールズ・シューマー上院議員(民主、ニューヨーク州)ら米 議員は、中国の輸出が過小評価された人民元相場による不当な恩恵を 受けているとして、中国製品への関税を引き上げるべきだと主張して いる。米プリンストン大学のポール・クルーグマン教授は、中国が元 の上昇抑制をやめれば、世界経済の成長率は約1.5ポイント高まる との見解を示している。

広告会社APCOワールドワイドの北京在勤シニアカウンセラー、 ジェームズ・マグレガー氏は、「為替はワシントンで一段と注目され、 各方面からの圧力が強まっている問題だ」と指摘。オバマ大統領は 「控えめな態度に努め、水面下で中国と交渉しようとしてきたが、中 国がオバマ大統領の面目を立てようとしなかったため、中国に対し弱 腰だとの批判をワシントンで受けることになった」と説明した。

ドル建て資産の安全性

温首相は記者会見で、ドル建て資産の安全性について「投資家を 安心させる具体的な手段を講じる」よう米国に呼び掛けた。首相は1 年前にもドル建て資産に関する懸念を示していた。

温首相は、中国が「基本的に安定した」人民元相場を維持し、適 度に緩和的な金融政策と積極的な財政スタンスを維持するとあらため て強調。政策変更のタイミングを適切にすることが「不可欠だ」と述 べた。

また、中国に進出した外資系企業の間で投資環境に対する不満が 高まっていることについて尋ねられた温首相は「中国は、開放政策を 断固として維持する」と表明。さらに、「法律を順守して事業を立ち 上げるために中国市場に参入する外国企業を歓迎する」と述べた。

今年1月、インターネット検索最大手の米グーグルは、サイバー 攻撃と中国当局によるオンラインでの検閲を理由に中国でのウェブサ イト運営事業を終了する可能性があると表明した。

--Michael Forsythe, Eugene Tang, Li Yanping, Kevin Hamlin.Editors: Paul Panckhurst, John Liu

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net

Editor: Kanta Watanabe, Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Forsythe in Washington at +86-10-6649-7580 mforsythe@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bill Austin at +81-3-3201-8952 or billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE