最も読まれた日本語記事(前週)-首位は「野村アジア株責任者退社」

前週(3月7日-13日)に最も読ま れたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通り。 {JREAD}画面に基づき14日夕刻時点で集計(番号をクリックすると記事 が表示されます)。

1.野村:アジア株式責任者、ソーケルソン氏が退社-幹部が流出 2.米国株:S&P500種は08年10月以来の高値-シティ高い 3.国債市場は「チキンレース」に、3つの長期化-シティG証 4.日本株は反発、月例報告の上方修正観測で内需関連買い 5.野村がリーマン幹部にかけた「金の手錠」1カ月で開錠へ-WSJ 6.JPモルガン首位、世界ヘッジファンド運用資産番付-P&I 7.チリのワイン業者破綻の恐れ-ゴールドマン元バンカーの転職人生 8.【書評】ゴールドマンのバンカー、モットーは「超我の奉仕」 9.外堀埋められた日銀、新型オペ上積みで急場しのぐか 10.日本株約1カ月半ぶり高値、輸出など景気敏感主導-日米統計好感

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE