中国の物価上昇率は「緩やかで管理可能」-商務省の房部長助理

中国商務省の房愛卿部長助理(次 官補)は13日、同国の物価上昇率について、「緩やかで管理可能だ」 との見解を示した。2月の同国消費者物価指数(CPI)は1年4カ月 ぶりの伸びとなった。

房部長助理は北京での記者会見で、「今年は物価押し上げにつな がる要因ばかりではなく、上昇を抑制する要因もある」と発言。商品 の国際相場の値上がりは物価上昇要因だが、国内の供給過剰がそれを 緩和していると指摘した。

その上で、今年の中国のCPI上昇率目標の3%は、「現実に即 しており達成可能だ」と述べた。また、詳細には触れなかったものの、 インフレ抑制のための何らかの措置を取るとの考えも示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE