IMFのリプスキー氏:「緩やかな回復」を予想-主要国・地域の景気

国際通貨基金(IMF)のリプスキ ー筆頭副専務理事は米景気について、世界経済の回復に貢献している主 要国・地域の中では日本と欧州を上回るペースで拡大しようとの見通し を明らかにした。

リプスキー氏は12日、ブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーで「景気は緩やかに拡大すると確信している」と述べ、「米国は主要 国・地域の中で回復の足取りが最も強い1カ国になろう」と指摘した。

リプスキー氏はまた、消費需要や他の民間部門の伸びが公共支出を 上回って世界経済を後押しするものと楽観視していると指摘。一方、中 国やインドなどの新興国は主要先進国と足並みをそろえて調整を行う 必要があると強調した。

ギリシャ問題に関する質問に対しては、同国はIMFから他の加盟 国と同じ支援を活用できるとの考えを示した。その上で、IMFの関与 はこれまで「技術的支援」にとどまっていると述べるとともに、ギリシ ャや他の欧州諸国の当局者はIMFに資金援助を要請する予定はない と示唆していると説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 桧 誠司  Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net  Editor:Kenzo Taniai 記事に関する記者への問い合わせ先: Rebecca Christie in Washington at +1-202-654-1273 or rchristie4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Brendan Murray at +1-202-624-1804 or brmurray@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE