NY原油(12日):下落、予想外の米消費者信頼感指数低下で

ニューヨーク原油相場は3日ぶ りに下落。3月の米消費者信頼感指数が予想外に低下したことが背 景。

原油は一時、1.9%安。3月のロイター・ミシガン大学消費者マ インド指数(速報値)は72.5と、前月確定値の73.6から低下した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は74 への上昇だった。相場の下落に伴い逆指し値の売り注文が発動した とみられている。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード) の市場調査ディレクター、アディソン・アームストロング氏は「米 消費者信頼感指数の発表後、相場が下げ始めた」と指摘。「これま で動きが不安定だったが、いったん下げ始めると市場の方向感が定 まった。原油は逆指し値の売りをいくつか飲み込んでもまだ下げ続 け、さらに安値を試す展開となっている」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前 日比87セント(1.06%)安の1バレル=81.24ドルで取引を終了。 下げ幅は1日以来で最大。一時は83.16ドルと、1月11日以来の高 値を付ける場面もあった。週間ベースでは0.3%安。

---With assistance from Margot Habiby in Houston. Editors: Bill Banker, Charlotte Porter

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Shenk in New York at +1-212-617-4331 or mshenk1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Stets at +1-212-617-4403 or dstets@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE