NY金(12日):7週間ぶり大幅安、中国の利上げ観測で需要後退

ニューヨーク金先物相場は下落。 週間ベースでは7週間ぶりの大幅安となった。中国政府がインフレ 抑制策として利上げを実施するとの見方から、貴金属を含む資源へ の需要が後退した。

11日に発表された2月の中国消費者物価指数(CPI)は前 年同月比2.7%上昇と、上昇率は過去16カ月で最高となった。こ の日は、商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指 数が低迷。エネルギー先物を中心に下げた。同指数は今週、5営業 日連続で下落した。昨年は、中国の経済成長加速と低金利が金相場 上昇の一因となり、12月3日には過去最高の1オンス=1227.50 ドルを付けた。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッドデ ィーラー、フランク・マギー氏は「中国が利上げを実施するとの声 が随分聞かれる。中国が利上げをすれば資源の需要を弱めることに なる。金と原油は敏感に反応するだろう」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物 4月限は前日比6.50ドル(0.6%)安の1オンス=1101.70 ドルで取引を終了。週間ベースでは3%安と、1月22日以来の大 幅安となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE