トヨタ車の販売差し止め求め、米加州オレンジ郡検察官が提訴

米カリフォルニア州オレンジ郡の 検察官は、トヨタ自動車の欠陥製品は市民に危険を及ぼすとして、 同車販売の差し止めを求めて裁判所に訴えた。

トニー・ラカウカス地方検事は米国トヨタ自動車販売に加え、 クレジット、金融サービスの両部門も訴えた。トヨタのリコール (無料の回収・修理)をめぐり政府機関が提訴したのは今回が初め て。

同検事は12日の記者会見で、「事例が増え続けるにつれ、数千 人ものカリフォルニア州の消費者が欠陥のあるトヨタ車を購入した という容易ならざる認識が強まってきた」と話した。

トヨタは意図せぬ加速などの問題で世界で800万台を超える自 動車をリコールしている。

トヨタはウェブサイト上で、「訴状を受け取っておらず、係争 中の訴訟にコメントする立場にはない」との声明を発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE