グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は6営業日ぶりに反落。中国当局が土地売買で義務 付けられる最低頭金比率を引き上げる可能性があると上海証券報が伝 えたことを受けて、中国本土の不動産株が売られた。

中国政府系の不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド(華 潤置、1109 HK)と中国海外発展(688 HK)はそれぞれ2.3%と

1.4%下げた。一方、時価総額で世界最大の不動産会社、香港のサン フンカイ・プロパティーズ(16 HK)は1.4%上昇。同社は香港の住 宅市場が2010年も好調との見通しを示した。

ハンセン指数は前日比18.46ポイント(0.1%)安の

21209.74。0.2%高と0.5%安の間で推移した。前週末比では2% 上昇し、3週連続高で終了。

シンダ・インターナショナル・ホールディングスの調査ディレク ター、キャスター・パン氏は「中国の銀行の融資制限や増資の必要性 などで不安や不透明感が根強い」と指摘。「良いニュースは不動産に ついての個別の情報だけだ」と話した。

ハンセン中国企業株(H株)指数は、前日比3.24ポイント高の

12173.28で終了した。

この日は最近の上昇が売り場を提供したとの見方もハンセン指数 の下げにつながった。中国政府系の香港投資会社のCiticパシフ ィック(267 HK)は3.7%下落。前日までの2日間で12%急伸して いた。

サンフンカイは、香港の住宅市場は購入者の経済的な健全性が維 持されることから10年も引き続き好調な年となるとの見通しを示し た。同社傘下の不動産仲買会社でエグゼクティブディレクターを務め るビクター・ルイ氏は11日の説明会で、「市場にバブルは全く見え ない」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数はここ1週間で最大の下落。週間 ベースで2週連続安となった。中国政府が経済成長の減速と資産バブ ルの回避に向けた対策を強化するとの懸念が響いた。

保利房地産集団(600048 CH)と金地集団(600383 CH)が不 動産株の下げを主導。中国政府は土地競売に応札するのに必要な預託 金をさらに引き上げる可能性があるとした上海証券報の報道が嫌気さ れた。英銀HSBCホールディングス傘下の部門が出資する興業銀行 (601166CH)は2.1%安、中国工商銀行(601398 CH)は0.8% 値下がり。国際航空路線で中国最大手の中国国際航空(601111 CH) は4.1%下落した。

チャイナ・インターナショナル・ファンド・マネジメントで約 102億ドルの運用に携わる趙梓峰氏(上海在勤)は「利上げなどの追 加引き締めは時間の問題だ」と指摘。「ただ、景気が回復するなか、企 業業績は引き続き伸びている。こうした2つの要因のいずれかが変化 するまで、基本的にはレンジ取引が続くだろう」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は、前日比37.87ポイント(1.2%)安の3013.41。 4日以来の大幅な下落率となり、週間ベースでは0.6%下げた。上海、 深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比1.3%安の

3233.13。

【インド株式市況】

インド株式相場は小幅安。景気が勢いを増す中、インフレ抑制に 向けて当局が流動性を引き揚げるとの懸念が強まった。指標のセンセ ックス30種株価指数は週間ベースではここ9カ月で最長となる5週 連続の上げとなった。

日用品でインド最大手のヒンドゥスタン・ユニリーバは4.1%下 落。政府の12日発表によると、1月のインド鉱工業生産指数は前年 同月比16.7%上昇した。これは過去16年で最大の伸びに近い水準。 国内最大の民営電力会社、タタ・パワーは1.8%高となった。

UTIアセット・マネジメント(ムンバイ)で約8億5000万ド ルの資産運用に携わるスワティ・クルカルニ氏は、「政府がどのよう に流動性を引き揚げ、そしてインフレを抑制するかを、投資家らは見 極めようとしている」と語った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は17166.62で終了。 前日を1.34ポイント下回った。この日は方向感のない取引に終始し、 騰落比率は3対4となった。同指数は週間ベースでは1%上げた。

ヒンドゥスタン(HUVR IN)の終値は219.40ルピー。タタ・ パワー(TPWR IN)は1352.25ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比3.9ポイント(0.1%)高の4818.1。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比6.12ポイント(0.4%)高の

1662.74。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比1.33ポイント安の7748.33。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比7.45ポイント(0.3%)高の2881.36。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比10.23ポイン ト(0.8%)安の1311.20。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比7.39ポイント(1%)高の733.34。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比10.01ポイント(0.4%)安の

2666.51。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比52.65ポイント(1.7%)安の

3072.91。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE