英中銀のデール氏:英経済に支出加速の兆候-資産購入の効果が浸透か

イングランド銀行(英中央銀行) のチーフエコノミスト、スペンサー・デール氏は、同中銀の2000億 ポンド(約27兆3840億円)規模の資産買い取りプログラムの効果 が浸透するに伴い、英経済における支出が加速し始めている兆候があ るとの認識を示した。

デール氏は12日にケンブリッジで講演し、「英経済における支 出が名目ベースで伸び始めていることを示すためらいがちな兆候が幾 つか見られるようだ」とした上で、「これまでに実施した資産買い取 りの効果の大半は、これから経済に行き渡るところだ。従って、最終 的な効果を判断するのは時期尚早だ」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Jennifer Ryan in London at +44-20-7073-3492 or jryan13@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE