ユーログループのユンケル議長:新たな危機阻止する手段が必要

ユーロ圏財務相会合(ユーログル ープ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、ユーロ圏 は新たな危機を阻止するための手段を必要としているとの見解を示し た。

ユンケル議長は12日にドイツのボンでインタビューに応じ、「わ れわれは、ユーロ圏の安定を脅威にさらす可能性のある投機と非合理 な行動に対抗するための手段に欠けている」と発言。提唱されている 欧州通貨基金(EMF)は「ギリシャ危機を解決するための手段では なく、より広範な危機に対応するものとなろう」と語った。

同議長は、EMF構想について、欧州連合(EU)の協定にある 「救済を禁じる条項に違反しない」と付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Christian Vits in Frankfurt at +49-69-92041-341 or cvits@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE