S&P:米国の「AAA」格付けにリスク-FT紙がリポート引用

格付け会社スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)は、米政府が信頼性のある中期的歳出削 減策を採用しない限り、米国の「AAA」格付けにはリスクがある との見解を示した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)がS& Pの11日のリポートを基に報じた。

同紙によると、S&Pはリポートで、米国に対する海外の債権 者は、ユーロ圏諸国がより強いマクロ経済政策を追求していると判断 した場合特に、ドル建て資産の保有を減らす公算があると指摘した。 さらに、その場合、世界の準備通貨としてのドルの地位が弱まる可 能性があり、「AAA」格付けへの下押し圧力になるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE