中国の債券、今年のリターンは最大プラス6%-ファンド運用者

中国の人民元建て債のリターン(投 資収益率)は今年、最大プラス6%となると、同国で最良の成績を上 げている新発債ファンドの運用担当者がみている。当局による融資抑 制で、銀行が債券に資金を「置いておく」ためとしている。

中国最大の債券決済機関チャイナボンドのデータによれば、同国 の国債と社債の価格は今年に入って1.5%上昇した。09年は0.3%下 落、08年は12%値上がりだった。

華富基金管理で資産10億元(約130億円)の債券ファンドの運用 に携わる曽剛氏は12日のインタビューで、「銀行と保険会社には現金 があふれている。債券ファンドは現金を置いておくのに良い場所かも しれない」と述べた。

中国銀行の肖鋼会長は11日のインタビューで、融資の伸びが制限 されるため、保有する1兆元の人民元建て債を今年、「数千億元」増や すと述べた。

中国銀河証券のデータによれば、曽氏のファンドの昨年のリター ンはプラス11.9%と、新発債中心に運用するファンドの中で最良のパ フォーマンスを上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE