米国の今年のGDPは3%増加へ-米紙WSJのエコノミスト調査

米国の今年の国内総生産(GDP) は3%増加すると予想されている、と米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ)がエコノミスト54人の調査を基に伝えた。同紙による と、38人のエコノミストがフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標 が年末までに引き上げられると予想している。また、エコノミストは米 経済が2番底に陥る確率を17%前後と予想しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE