鳩山首相:為替は日本経済の現状反映せず-円高対策必要

鳩山由紀夫首相は12日午前の参 院予算委員会で、為替相場の動向について「基本的には市場で適正に 決められるものだ」とながらも、ギリシャの財政危機問題などの海外 要因を挙げた上で、「必ずしも実態はそうなってはいない。日本の経 済、産業の力が十分ではない中で、それを反映しているとは思えない 円高が生まれている。そのような円高に対してしっかりした対策を打 つ必要がある」と述べた。舛添要一氏(自民)に対する答弁。

また、デフレ脱却については「まさに政府・日銀一体となって努 力することが求められている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE