NY原油時間外:週間ベースで上昇か、82ドル台-中国の需要堅調

ニューヨークの原油先物相場は、 12日の時間外取引で小動き。週間ベースでは上昇しそうだ。中国の 経済成長が加速し燃料需要に楽観論が出ている。

前日の通常取引は一時、0.3%上昇した。石油輸出国機構(OPE C)が11日、中国からの強い需要で月末に輸出を増やす態勢に入って いると伝えられたことが材料となった。中国のインフレ率は1年4カ月 ぶりに家計貯蓄の金利を上回り、物価上昇期待の高まりを抑制すること は難しくなった。

ナショナル・オーストラリア銀行の鉱物・エネルギー担当エコ ノミスト、ベン・ウェストモア氏(メルボルン在勤)は「中国は力強い 成長を続けるとみられるが、野放図なペースにはならないだろう。原油 市場は落ち着いており、様子見となっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限はシンガ ポール時間午前9時37分(日本時間同10時37分)現在、15セント 高の82.26ドルで取引されている。前日の通常取引は2セント高の

82.11ドルで引けた。週間ベースでは0.9%の上昇になりそうだ。前週 は2.3%上昇だった。

To contact the editor responsible for this story: Clyde Russell at crussell7@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE