白川日銀総裁:極めて緩和的な金融政策は為替にも相応の影響

日本銀行の白川方明総裁は12日午 前、参院予算委員会で、金融政策と為替相場の関係について「日銀と しては現在極めて緩和的な金融政策を続けることを明確にしているの で、これは為替レートにも相応の影響を与えていると思っている」と 述べた。自民党の舛添要一氏の質問に答えた。

白川総裁は「為替レートには内外の経済、金融情勢が投影してく る。金融政策について言えば、金利はもちろん為替レートに影響を与 える1つの要因ではあるが、過去の例を見ても、この要因だけで説明 することはできない。いろいろな要因で決まる」と指摘した。

白川総裁はかつての量的緩和政策については「当座預金を拡大す る政策は、金融システムが不安定な時はこれを安定させる非常に大き な効果があったと自負している。ただ、単に量を増やすだけで景気を 刺激し、物価を上げるという効果は限定的だったというのが私どもの 評価だ」と語った。

長期国債の買い入れ増額については「国債の買い入れをどんどん 行っていくと、最終的には誰かが日銀の負債を持ってくれる、つまり 銀行券を持ってくれているからできる。もしそれを超えてどんどん買 っていくと、最終的には日銀自身が国債を売る形で調整をしなければ ならなくなってくる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE