日本の円売り市場介入の可能性が一段と強まる-モルガン・スタンレー

米モルガン・スタンレーは日本が外 為市場での円相場の上昇をストップするために、市場介入を実施する可 能性が一段と強くなっているとの見方を示した。同社のグローバル為替 ストラテジー共同責任者、ソフィア・ドロッソス氏(ニューヨーク在 勤)によると、円売り介入の確率は47%と、2004年以来の高水準に達し ている。同氏が11日に顧客向けのリポートで指摘した。同社は円相場が 年末までに1ドル=109円に下落すると予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE